鑑定理論 集中トレーニング

【統合版】区分所有建物及びその敷地の個別的要因

鑑定理論
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

    Next

















    1.区分所有建物及びその敷地の価格形成要因
    区分所有建物及びその敷地における固有の個別的要因を例示すれば次のとおりである。
    (1)区分所有建物が存する一棟の建物及びその敷地に係る個別的要因
    ① 建物に係る要因
    ア 建築(新築、増改築等又は移転)の年次
    イ 面積、高さ、構造、材質等
    ウ 設計、設備等の機能性
    エ 施工の質と量
    オ 玄関、集会室等の施設の状態
    カ 建物の階数
    キ 建物の用途及び利用の状態
    ク 維持管理の状態
    ケ 居住者、店舗等の構成の状態
    コ 耐震性、耐火性等建物の性能
    サ 有害な物質の使用の有無及びその状態
    ② 敷地に係る要因
    ア 敷地の形状及び空地部分の広狭の程度
    イ 敷地内施設の状態
    ウ 敷地の規模
    エ 敷地に関する権利の態様
    ③ 建物及びその敷地に係る要因
    ア 敷地内における建物及び附属施設の配置の状態
    イ 建物と敷地の規模の対応関係
    ウ 長期修繕計画の有無及びその良否並びに修繕積立金の額
    (2)専有部分に係る個別的要因
    ① 階層及び位置
    ② 日照、眺望及び景観の良否
    ③ 室内の仕上げ及び維持管理の状態
    ④ 専有面積及び間取りの状態
    ⑤ 隣接不動産等の利用の状態
    ⑥ エレベーター等の共用施設の利便性の状態
    ⑦ 敷地に関する権利の態様及び持分
    ⑧ 区分所有者の管理費等の滞納の有無

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました