【空欄補充】総論第5章 空欄補充問題 鑑定理論

【空欄補充】総論5章第1節 対象不動産の確定

【空欄補充】総論第5章
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
先生
先生

レベル1~2の穴埋め問題を用意しました。徐々にレベルを上げて最終的には覚えるようにしましょう。

生徒
生徒

空欄はクリックすると文字が現われ、再度クリックすると文字が消えますね。

先生
先生

うまく使って覚えましょう!



不動産鑑定評価基準

第1節 対象不動産の確定
不動産の鑑定評価を行うに当たっては、まず、鑑定評価の対象となる土地又は建物等を物的に確定することのみならず、鑑定評価の対象となる所有権及び所有権以外の権利を確定する必要がある。
対象不動産の確定は、鑑定評価の対象を明確に他の不動産と区別し、特定することであり、それは不動産鑑定士が鑑定評価の依頼目的及び条件に照応する対象不動産と当該不動産の現実の利用状況とを照合して確認するという実践行為を経て最終的に確定されるべきものである。
 

レベル1

第1節 対象不動産の確定
不動産の鑑定評価を行うに当たっては、まず、鑑定評価の対象となる土地又は建物等物的に確定することのみならず、鑑定評価の対象となる所有権及び所有権以外の権利確定する必要がある。
対象不動産の確定は、鑑定評価の対象を明確に他の不動産と区別し、特定することであり、それは不動産鑑定士が鑑定評価の依頼目的及び条件に照応する対象不動産と当該不動産の現実の利用状況とを照合して確認するという実践行為を経て最終的に確定されるべきものである。

レベル2

第1節 対象不動産の確定
不動産の鑑定評価を行うに当たっては、まず、鑑定評価の対象となる土地又は建物等を物的に確定することのみならず、鑑定評価の対象となる所有権及び所有権以外の権利確定する必要がある。
対象不動産の確定は、鑑定評価の対象を明確に他の不動産と区別し特定することであり、それは不動産鑑定士が鑑定評価の依頼目的及び条件に照応する対象不動産当該不動産の現実の利用状況とを照合して確認するという実践行為を経て最終的に確定されるべきものである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました