【空欄補充】総論第5章 空欄補充問題 鑑定理論

【空欄補充】総論5章第1節Ⅲ 調査範囲等条件

【空欄補充】総論第5章
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
先生
先生

レベル1~2の穴埋め問題を用意しました。徐々にレベルを上げて最終的には覚えるようにしましょう。

生徒
生徒

空欄はクリックすると文字が現われ、再度クリックすると文字が消えますね。

先生
先生

うまく使って覚えましょう!



不動産鑑定評価基準

Ⅲ 調査範囲等条件
不動産鑑定士の通常の調査の範囲では、対象不動産の価格への影響の程度を判断するための事実の確認が困難な特定の価格形成要因が存する場合、当該価格形成要因について調査の範囲に係る条件(以下「調査範囲等条件」という。)を設定することができる。ただし、調査範囲等条件を設定することができるのは、調査範囲等条件を設定しても鑑定評価書の利用者の利益を害するおそれがないと判断される場合に限る。
 

レベル1

Ⅲ 調査範囲等条件
不動産鑑定士の通常の調査の範囲では、対象不動産の価格への影響の程度を判断するための事実の確認が困難な特定の価格形成要因が存する場合、当該価格形成要因について調査の範囲に係る条件(以下「調査範囲等条件」という。)を設定することができる。ただし、調査範囲等条件を設定することができるのは、調査範囲等条件を設定しても鑑定評価書の利用者の利益を害するおそれがないと判断される場合に限る。

 

レベル2

Ⅲ 調査範囲等条件
不動産鑑定士の通常の調査の範囲では、対象不動産の価格への影響の程度を判断するための事実の確認が困難な特定の価格形成要因が存する場合当該価格形成要因について調査の範囲に係る条件(以下「調査範囲等条件」という。)を設定することができる。ただし、調査範囲等条件を設定することができるのは、調査範囲等条件を設定しても鑑定評価書の利用者の利益を害するおそれがないと判断される場合に限る。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました