【空欄補充】総論第2章 空欄補充問題 鑑定理論

総論2不動産の種別及び類型

【空欄補充】総論第2章
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク


不動産の鑑定評価においては、不動産の地域性並びに有形的利用及び権利関係の態様に応じた分析を行う必要があり、その地域の特性等に基づく不動産の種類ごとに検討することが重要である。
不動産の種類とは、不動産の種別及び類型の二面から成る複合的な不動産の概念を示すものであり、この不動産の種別及び類型が不動産の経済価値を本質的に決定づけるものであるから、この両面の分析をまって初めて精度の高い不動産の鑑定評価が可能となるものである。
不動産の種別とは、不動産の用途に関して区分される不動産の分類をいい、不動産の類型とは、その有形的利用及び権利関係の態様に応じて区分される不動産の分類をいう。


空欄をクリックすると、文字が表示されます。再度クリックすると、文字が消えます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました